【超絶美!マイナー国】スロべニアの超絶美観光スポット①ブレッド湖

アドリア海の真珠ドブロブニクを擁する世界的観光国、クロアチア。
その隣にひっそり佇む小国スロベニアを、あなたはご存知ですか?
実は世界で唯一、国名にLOVEが入ってる(S"LOVE"NIA)んです♡って話は置いといて、この国のスゴさは、景観の全てがおとぎ話の絵本のように美しいこと。
日本ではマイナーな国ですが、一度はナマで拝みたいこの神々しさ。
初回は、最も有名な観光スポット「ブレッド湖」をご紹介します。

更新日:2016年10月01日 09時00分

View:489

Lac de bled 1050x591

出典: www.cassonadeetcamembert.fr

アルプスの瞳と讃えられる「ブレッド湖」

ブレッド湖はスロベニア北西部ユリアン・アルプスの麓に位置する氷河湖で、首都リュブリャナからの所要時間はバスで1時間20分ほど。
周囲約6キロメートルの、小さな湖です。
この地域一帯は、スロベニアを代表する風光明媚な観光地。
湖北岸にはブレッド城があり、湖にはブレッド島が浮かびます。
そしてブレッド島には、聖マリア教会があります。
季節や昼夜を問わず、いつ訪れてもハズレ無し!
神々しいまでの美しさを私たちに見せてくれる、とっても素敵な所なのです。

湖に浮かぶブレッド島へ渡る手段は “手漕ぎボート” のみ

出典: zenpaku.huu.cc


環境保全のため、ブレッド湖ではモーターボート等の使用が禁止されており、教会のあるブレッド島へ渡る手段は “手漕ぎボート” のみ。
ボートには乗り合いタイプと個人タイプがあります。
乗り合いタイプは、船頭さんが漕いでくれる代わりに乗客が一定数(10人前後)集まらないと出航してくれない(要は出航時間が決まっていない)ので、バスの時間等、以降の予定が詰まっている人にはなかなか厳しいものがあるようです。
個人タイプにそういう心配はありませんが、ひたすら自分の力で漕がなくてはなりません。
う〜ん悩ましい。
湖畔から見ているだけでも圧巻の美しさだそうですが、どうせ来たからには絶対に立ち寄りたい!って誰でも思いますもんねぇ。

聖マリア教会の言い伝え

出典: travelfore.com


ブレッド湖のシンボル聖マリア教会には、52mの塔と99段の階段があります。
スロベニアと言えば、ブレッド湖のブレッド島に浮かぶ聖マリア教会、それくらい代表的な景観です。
教会内に「鳴らすと願いが叶う」という伝説の鐘がありますが、鳴らすためには、鐘と繋がっている紐をかな〜り強い力で引っ張らなければなりません。
また、教会では定期的に結婚式も行われています。
伝統的な結婚式では、新郎は新婦を担いで99段の階段を昇ることになっていて、その間、新婦はずっと沈黙していなければならないのだそう。
そしてめでたく昇り切ったら夫婦の願いが叶う、という言い伝えがあるとか。
いずれにせよ、スロベニアの神様に願いを叶えてもらいたければ、腕力と脚力が必要なようです。

もはや現実世界とは思えない冬のブレッド湖

出典: www.bled.si


ここは本当に現実世界なのか…⁉︎
と目を疑いたくなるような、とても幻想的な風景です。
こんな所で大切な人たちとクリスマスや新年を迎えられたら、最高の思い出になるのではないでしょうか?
筆者の体からは、もはやタメ息しか出てきませんが、この画像からは魔法使いやらドラゴンやらが、かなりの高確率で出てきそうな気配を感じてしまいますね。

ところで、スロベニアってどんな国??? その1

そもそも、スロベニアがどこにあるのか分からな〜い♪という方もいらっしゃると思いますので…。
正式国名を「スロベニア共和国」と言い、西をイタリア、北をオーストリア、南をクロアチア、東をハンガリーと、それぞれ国境を接しています。
人口約200万人、面積では四国ほどの大きさの国です。
1991年、ユーゴスラビア社会主義連邦共和国からの独立を宣言しました。
首都はリュブリャナ、通貨はユーロ。
公用語はスロベニア語、宗教はローマ・カトリックが95パーセントを占めています。

いかがでしたでしょうか?

隣国のクロアチアが何かとクローズアップされがちで、日本ではまだまだ認知度の低い国、スロベニアですが、少しでもその魅力が伝われば嬉しいなぁ…と思いながら、筆者自身も楽しんで書くことができました。
このシリーズはまだ始まったばかりです。
次回②も、ぜひ楽しみにしていてくださいね☆

更新日:2016年10月01日 09時00分

SNSシェアはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

旅行なのに移動費0円!? ~ヒッチハイクのススメ~

初心者向けのヒッチハイクの行い方を綴っていきます。 ヒッチハイクに必要なものは何か、実際に行う時のやり方、ポイントなどを簡…

  • まるやま
  • 573view

サイパンのダイビングスポット

サイパンの代表的なダイビングスポットはなんといっても【グロット】です! その他にも、多くのスポットがある中でおススメをい…

  • 'olino kai
  • 379view

【歴史の旅】美周朗参上! 三国志オタクが見る今と昔

「三国志」は、今や書籍、映画、ゲームなどいろいろなメディアから情報発信されるようになり、若い人からお年寄りまで人気急上昇中…

  • 空三郎
  • 372view

「切腹」と紅葉狩りや花見の間には深い関係が!? 根底にあるのは日本人の "美意識" ?

日本の秋の風景は、日本人ばかりでなく海外の人たちにとってもとても魅力的。特にお寺と紅葉の組み合わせは、彼らの人生観に何らか…

  • mare blu
  • 262view

えっ、東京都なの!? 青ヶ島村? 聞いたこともないな -- 海外から教えてもらう日本

アメリカのニュース専門放送局であるCNNが「DISCOVER JAPAN」と題して、日本の最も美しい風景31選を紹介してい…

  • mare blu
  • 404view

単なる山の写真じゃない! 賞を勝ち取った絶景写真で、しばし浮世の雑事を忘れよう

今回紹介する山の絶景は、どれもこれも誰もが訪れることが出来る場所。 そんな絶景写真を見ながら、「いつかはこんな風景を見れ…

  • mare blu
  • 472view

「その写真よく知ってる!」的な観光名所を、別角度から見てみたら・・・・

世界的な観光名所って、大概は代表的な1枚の写真で見慣れているというか、自分の中のイメージを作り上げてるって場合が多いと思い…

  • mare blu
  • 485view

大井川鉄道・超人気の秘密。さあ 行ってみよう!

毎日、運行するSLは年間乗客数が66万人が 利用するほど大人気! 昭和当時のそのままの作りの車内では 駅弁を食べながら、…

  • あっくん丸
  • 1880view

年間3000万人!世界各地から観光客が押し寄せるアノ国の魅力とは・・・?

サワディーカー! あなたは海外へ行ったことがありますか?お恥ずかしながらわたしは30歳でようやく海外デビューしました。 …

  • もふ子
  • 517view

【超絶美!マイナー国】スロべニアの超絶美観光スポット⑤(最終回)プレジャマ城

日本ではマイナーだけど超絶美しい!国「スロべニア」の超絶美しい!観光スポットをご紹介するシリーズ最終回。 今回は、自然の芸…

  • NO. U-12289
  • 609view

カテゴリーピックアップ

感動
ワクワク・ドキドキ♥編集室 394view

アクセスランキング

人気のあったまとめランキング

1

【ファン必見】コナンキャラの愛車たちがカッコいい!

意識高い系オタク★こぷろ

2

【ひまし油の驚きの効果】髪の育毛、顔のシミ、ほくろの除去、ダイエット...

ワクワク・ドキドキ♥編集室

3

手作りを楽しもう 赤ちゃんの『 パンツ ・ ズボン 』

リク母

4

【驚き!】ひまし油がすごい効果!

さくっちょ

5

【びっくり!】”猿腕”と呼ばれる腕の実態

なおキングのブログ

6

【深すぎる】ムーミン谷のミィの名言7選☆☆

リトル☆みっち

7

【両性具有】どれくらいいるの?

さくっちょ

8

コーヒーにハチミツを入れて飲むとこんなメリットが!4選

Yo-ichi

9

【えっ!?】桜って何種類あるの・・・ 桜の種類と開花時期おしえちゃい...

えみりん

10

【この差ってなんですか】下半身が『太い人』と『細い人』の差は子供の頃...

みせす☻まなちる

ランキングをもっとみる

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

渡辺直美の美肌はこれで作れる!!最強ファンデ!

さくっちょ

それはかなり危ないんじゃないかい - 脚立編

mare blu

菊芋が糖尿病に凄い効果!血糖値を下がる魔法のパウダーとは?

ワクワク・ドキドキ♥編集室

クジラは人間の声を模倣できる!?

mare blu

【奇跡の瞬間】いやいや、絶妙なバランスだね!

mare blu

【奇跡の瞬間】心にはいつも羽を持ってるんだ!

mare blu

間違えないで! 私の足はこんなに毛深くないからね!

mare blu

大笑いせずにはいられないGIFアニメ -- 動物編

mare blu

話題のキーワード

いま利用されているキーワード

関連記事

この記事に関連する投稿はこちら

旅行なのに移動費0円!? ~ヒッチハイクのススメ~

まるやま

サイパンのダイビングスポット

'olino kai

【歴史の旅】美周朗参上! 三国志オタクが見る今と昔

空三郎