「切腹」と紅葉狩りや花見の間には深い関係が!? 根底にあるのは日本人の "美意識" ?

日本の秋の風景は、日本人ばかりでなく海外の人たちにとってもとても魅力的。特にお寺と紅葉の組み合わせは、彼らの人生観に何らかのインスピレーションを与えるようです。

幽玄という言葉がありますが、意味としては「物事の趣が奥深くはかりしれないこと」。文芸や芸能、建築等、諸々の芸術領域における日本文化の基盤となる理念の一つです。

そんな幽玄という言葉の意味を見たとき、切腹に通じるものを感じました。

更新日:2017年01月16日 15時34分

View:204

Seppuku

出典: www.widewalls.ch

日本人が心の底に持っている独特な “美意識”

桜や紅葉を愛でるというのは、日本人独特の文化だと思いませんか。もちろん、美しい風景を見るという意味合いもあるのだけど、それ以上にここには日本人の美意識が関わっているような気がします。

特に桜には、儚さとか、潔さとか、パッと咲いてパッと散るみたいな。紅葉は、色づき始めてから枯れ落ちるまでもう少し時間がかかるけど、似たような感覚を持つのは私だけではない筈。

桜の樹の下には屍体が埋まっている!

出典: www.aozora.gr.jp

こう書いたのは作家の梶井基次郎でした。梶井基次郎を知らなくても、この言葉は聞いたことがある人が多いのではないでしょうか。

この一節が多くの人に知られているのは、「ああ、本当にそうなのかもしれない」って思ってしまいそうな心があるからでしょうね。

そして、「切腹」の根底にあるのも日本人の “美意識” なんじゃないかなって思うんです。他に害が及ぶくらいなら、自分の身を投げ出し潔く散る方を選ぶ。

念のために書いておきますが、「切腹」とは単なる自殺ではありません。そこには「奥深くはかりしれないこと」があります(切腹を美化する積りはサラサラありませんが)。

余談ですが、外国でも日本の風習としてよく知られている「切腹」ですが、「tsunami」と同じように「seppuku」として英米の辞書に載っているって知ってました?

源光庵

この丸い窓は、「悟りの窓」と呼ばれるもので、禅の心、仏教の精神を表しているそうです。円という形が、何ものにもとらわれない大らかな心を象徴しているのでしょう。

出典: japan-magazine.jnto.go.jp

京都・洛北にある小さなお寺、源光庵の風情。「悟りの窓」を通して見る秋の紅葉。

「自然が織りなす美しい情景を、額縁に縁どられた絵のように見せてくれる」みたいな表現は陳腐で型通りだけど、でもそれを美しいと感じるのが日本人のメンタリティーなのかな。

源光庵には、もう一つ有名なものがありました。本堂の血天井です。伏見城の戦いで石田三成に敗れた徳川家家臣・鳥居元忠ら、300人以上もの自刃した人たちの血で染まった床板を天井に移築したもの。

悟りの窓と血天井という奇妙な組み合わせ。でも、もしかしたら両方とも、日本人が古来から持っている美意識が、違う形で表れたものなんじゃないかなって気がします。

清水寺

京都と言えば清水寺? 京都には有名な神社仏閣が数多くありますが、中でもこの清水寺は別格かもしれません。「清水の舞台から・・・」という言葉がある通り、ここは正に表舞台なんです。

出典: photorator.com

清水寺が1年で最も美しく彩られるのが、紅葉の季節。その紅葉の見ごろは11月中旬から12月上旬にかけて。それに合わせて、夜になるとご覧のようなライトアップが行われるんです。

ライトアップされた紅葉の数は約1000本。そのライトアップされた紅葉に包みこまれるように浮かび上がる清水の舞台!・・・・言葉を失います。

安国寺 【兵庫県】

ここは、兵庫県豊岡市の相田集落にある「安国寺」。兵庫の隠れた紅葉の名所です。 "隠れた" というのは、京都の紅葉の名所と違って、山間部にあってアクセスがかなり不便だから。

JR山陰本線豊岡駅からバスに乗り、途中でバスを乗り換え、さらに最寄りのバス停から歩いて約15分という場所にあるんです(クルマで行けば、もちろん楽なんですけどね)。

出典: visitkinosaki.com

この安国寺は、ドウダンツツジの紅葉が有名。本堂から座敷越しに見る深紅に染まる美しいドウダンツツジは、さながら一幅の絵のようです。座っているだけで心が癒されることでしょう。

ちなみに安国寺は、一般公開される紅葉の時期だけしか本堂に入ることができません。

なので、この時期の本堂は常に人で賑わっているのですが、紹介されている写真を見ると、どれもスッキリした写真になっています。

実はこれ、ボランティアの方が皆さんに声を掛けて、「撮影タイム」を設けてくれるんだとか。

上の写真を見ると、住職さんによる "サービスショット" も撮れるのかもしれません。

光明寺 【京都 長岡京市】

京都に戻って来ましたが、ここは長岡京市。京都駅からJR東海道本線で南西に約10分ほどのところ。その長岡京市で紅葉のスポットといえば光明寺。地元ではモミジの寺として有名なんだとか。

秋になると、広大な境内を数百本のモミジが紅に染めます。総門から本堂に続く表参道では両側からモミジが迫り、そして参道の石畳にはモミジの絨毯が敷き詰められています。

出典: www.pref.kyoto.jp

境内には計33棟もの建物があり、それらの建物と紅葉とが調和した風景は一見の価値があります。

もう一つ。釈迦堂前の信楽庭で「枯山水」を堪能しましょう。白州に配された大小18個の石を見ながら、静寂の中でそれぞれの人生に思いを馳せてみてはいかがでしょうか。

そして、帰り道の参道では、モミジで形作られる "トンネル" が、皆さんを見送ってくれます。

因みに光明寺の境内もこの時期、「紅葉の特別入山」として特別公開されます。

南禅寺 天授庵

あの有名なキャッチコピー「そうだ 京都、行こう。」は、JR東海が1993年から実施しているキャンペーンですが、2013年秋のキャンペーンの舞台となったのが、南禅寺の天授庵です。

出典: flyfsa.com

南禅寺は1291年の開創とのことなので、700年以上の歴史があるお寺で、室町時代には禅寺の中で最高の位が与えらています。

写真は、ライトアップされた紅葉を、方丈東庭の枯山水越しに縁側から眺めたもの。白砂と緑の苔が、ライトアップされた紅葉をより一層際立たせます。

天授庵は夜になると拝観ルートが変わり、昼間は入れなかった書院や本堂の中から紅葉を楽しめるようになります。幽玄な美しさと共に、そろそろ肌寒くなる京都の夜を楽しんでみませんか。

瑠璃光院

比叡山の山麓にひろがる八瀬エリアは、京都駅からバスに乗って45分ほどの距離にあります。それだけに、静寂に包まれていて、ゆったり、のんびりがお似合いのエリア。

そして、この静寂に包まれてあるのが光明寺瑠璃光院。

出典: regex.info

春には、頭上を覆いつくす青紅葉(あおもみじ)が美しく、数奇屋造りの書院から眺める瑠璃の庭は、「瑠璃色に輝く」と表現される苔のじゅうたんが新緑の八瀬を彩ります。

そして秋になれば、赤や黄色に染まったモミジが幻想的な風景を生み出します。

上の写真は、瑠璃光院の2階にある窓から眺めた景色。これはCG?、と見紛うばかりの幻想的な光景が眼前に広がります。

この瑠璃光院も通常は非公開ですが、毎年春と秋に期間限定で公開されているんです。拝観料は、数年前は500円だったようですが、現在は2,000円と少し高め。

でも、決して後悔することはないでしょう。

まとめ

切腹と紅葉とを関連付けるのには無理がありました?

でも、今回紹介したいくつかの写真を見ていると、「お寺×紅葉=幽玄」という公式が成り立つような気がします。

一方で、切腹と幽玄という言葉の組み合わせに違和感を感じる人も多い筈。ま、あくまで個人的感覚ということで、見逃して頂ければと思います。

ところで、関東在住の身としては、あまりお寺と紅葉という組み合わせに出会う機会が無く、その意味では私自身、あまり良く理解してはいなかったような気がします。

同時に、新鮮な目で見ることが出来たんじゃないかな。そんな新鮮な観点から見たとき、外国人が高く評価する理由が朧げながらも見えたような気がします(的外れかもしれないけど)。

出典: www.kyotopress.jp

紅葉で有名な永観堂

更新日:2017年01月16日 15時34分

SNSシェアはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

旅行なのに移動費0円!? ~ヒッチハイクのススメ~

初心者向けのヒッチハイクの行い方を綴っていきます。 ヒッチハイクに必要なものは何か、実際に行う時のやり方、ポイントなどを簡…

  • まるやま
  • 514view

サイパンのダイビングスポット

サイパンの代表的なダイビングスポットはなんといっても【グロット】です! その他にも、多くのスポットがある中でおススメをい…

  • 'olino kai
  • 324view

【歴史の旅】美周朗参上! 三国志オタクが見る今と昔

「三国志」は、今や書籍、映画、ゲームなどいろいろなメディアから情報発信されるようになり、若い人からお年寄りまで人気急上昇中…

  • 空三郎
  • 303view

えっ、東京都なの!? 青ヶ島村? 聞いたこともないな -- 海外から教えてもらう日本

アメリカのニュース専門放送局であるCNNが「DISCOVER JAPAN」と題して、日本の最も美しい風景31選を紹介してい…

  • mare blu
  • 295view

単なる山の写真じゃない! 賞を勝ち取った絶景写真で、しばし浮世の雑事を忘れよう

今回紹介する山の絶景は、どれもこれも誰もが訪れることが出来る場所。 そんな絶景写真を見ながら、「いつかはこんな風景を見れ…

  • mare blu
  • 415view

「その写真よく知ってる!」的な観光名所を、別角度から見てみたら・・・・

世界的な観光名所って、大概は代表的な1枚の写真で見慣れているというか、自分の中のイメージを作り上げてるって場合が多いと思い…

  • mare blu
  • 421view

大井川鉄道・超人気の秘密。さあ 行ってみよう!

毎日、運行するSLは年間乗客数が66万人が 利用するほど大人気! 昭和当時のそのままの作りの車内では 駅弁を食べながら、…

  • あっくん丸
  • 1789view

年間3000万人!世界各地から観光客が押し寄せるアノ国の魅力とは・・・?

サワディーカー! あなたは海外へ行ったことがありますか?お恥ずかしながらわたしは30歳でようやく海外デビューしました。 …

  • もふ子
  • 458view

【超絶美!マイナー国】スロべニアの超絶美観光スポット⑤(最終回)プレジャマ城

日本ではマイナーだけど超絶美しい!国「スロべニア」の超絶美しい!観光スポットをご紹介するシリーズ最終回。 今回は、自然の芸…

  • NO. U-12289
  • 531view

【超絶美!マイナー国】スロべニアの超絶美観光スポット④ボーヒン湖

日本ではマイナーだけど超絶美しい!国「スロべニア」の超絶美しい!観光スポットをご紹介するシリーズ第4弾。 今回は、ブレッド…

  • NO. U-12289
  • 445view

カテゴリーピックアップ

感動
ワクワク・ドキドキ♥編集室 306view

アクセスランキング

人気のあったまとめランキング

1

【ひまし油の驚きの効果】髪の育毛、顔のシミ、ほくろの除去、ダイエット...

ワクワク・ドキドキ♥編集室

2

【驚き!】ひまし油がすごい効果!

さくっちょ

3

手作りを楽しもう 赤ちゃんの『 パンツ ・ ズボン 』

リク母

4

【ファン必見】コナンキャラの愛車たちがカッコいい!

意識高い系オタク★こぷろ

5

【両性具有】どれくらいいるの?

さくっちょ

6

【この差ってなんですか】下半身が『太い人』と『細い人』の差は子供の頃...

みせす☻まなちる

7

菊芋が糖尿病に凄い効果!血糖値を下がる魔法のパウダーとは?

ワクワク・ドキドキ♥編集室

8

手作りを楽しもう 汗をかく時期にたくさん欲しい『 ハンカチ 』

リク母

9

今がチャンス!ビットコインを超える市場の暗号通貨(仮想通貨)ノアコイ...

あっくん丸

10

【深すぎる】ムーミン谷のミィの名言7選☆☆

リトル☆みっち

ランキングをもっとみる

新着のまとめ

最新のトレンドを知るなら、ここをチェック

それはかなり危ないんじゃないかい - 脚立編

mare blu

菊芋が糖尿病に凄い効果!血糖値を下がる魔法のパウダーとは?

ワクワク・ドキドキ♥編集室

クジラは人間の声を模倣できる!?

mare blu

【奇跡の瞬間】いやいや、絶妙なバランスだね!

mare blu

【奇跡の瞬間】心にはいつも羽を持ってるんだ!

mare blu

間違えないで! 私の足はこんなに毛深くないからね!

mare blu

大笑いせずにはいられないGIFアニメ -- 動物編

mare blu

それはかなり危ないんじゃないかい - 作業現場編

mare blu

話題のキーワード

いま利用されているキーワード

関連記事

この記事に関連する投稿はこちら

旅行なのに移動費0円!? ~ヒッチハイクのススメ~

まるやま

サイパンのダイビングスポット

'olino kai

【歴史の旅】美周朗参上! 三国志オタクが見る今と昔

空三郎